トピックス

紫外線について

毎日、コロナの感染拡大のニュースが報道されてますが、有り難いことにサロンはあまりキャンセルもなく、毎日ほぼご予約満席が続いております笑

もちろんコロナがはやってからではなく常に衛生管理には徹底しております。

そしてコロナにも気をつけないといけないですが、もう一つ、、、
紫外線対策をしっかりとしてください。
サロンではフォト(光肌質改善コース)はシミケアが最短でできるコースとなっています。
施術後は必ず日焼け止め塗布、UBP(下地)も塗布させて頂いております。

皆さんは日焼け止めを買うとき、何を見て決めてますか???
価格はもちろん見る、いや、価格はみないSPFの数字が大きいの!と答えてくださいます。
それだけで・・・とおもってしまいます。
価格の安い日焼け止めっていくらなんですか?と
1000円しない、おおきいので、、、と。。。
色は?ジェルで半透明、、、
はいこちらの商品は吸収剤でできていますね・・・
こわい。塗っても意味がない、むしろぬらない、私なら。いくら安くてもすてます。かわない。
塗っても効果のないものを、お金を出して塗りますか?
根本的に日焼け止めの表記のことをしりましょう。

ではまず紫外線について

UV-A(生活紫外線)
波長が中区真皮まで到達。肌にはゆっくり黒くなりシワたるみの原因
窓ガラス雲も通り抜け室内でも影響あり 1年中くる波です

UV-B(レジャー紫外線)
波長が短く肌表面に影響。赤く炎症を起しシミ、色素沈着の原因に
エネルギーヶ強く肌表面のやけどに繋がる
こちらは地球と太陽が近づいたときにくる波、夏にくる波です

UV-Cこちらは日本には影響はありません。



ポップの上半分に記載。
UV-A UV-Bに量、わかりやすいですね。これを見て頂くと1年中紫外線が、、、
怖い。。。

まず日焼け止めにはSPFとPAという表記はかならずあります。

SPFの意味です
 UV-B波の防止が目的 
これは基準が決まっています。たしか1センチ×1センチ四方の間に日焼け止めを垂らして時間を計りきちんとした計測をされています。
(これ以上の時間だと効果が薄れている、等)

そしてたとえばSPF1は、塗ってから約20分もちますよ~という指数です
数値が高いと効果があるなど、、、間違っています。数値が高すぎるものを使うとお肌への負担が大きくきついものが多いためトラブル肌の原因にもなりますよ!
そして皮脂、摩擦などでも効果は落ちていくのでこまめな塗り直しが必要です

PAとは
 UV-A波の防止が目的
+数が多いほど高い効果が期待できます。
まぁ日本ではPA+++でOKですよ

あとは
見分け方。。。日焼け止めに関しては紫外線吸収剤無配合は真っ白です↓

吸収剤のメリット、はよくしろうきしない、等書かれてます。

デメリットは名前の通り、お肌に一旦紫外線を吸収させて分解して、、、吸収した時点でメラノサイトがメラニン(シミ)を出しますよ
コストが安く作れるからと吸収剤を入れたりしている、、、
怖いですね。ただでもらっても捨てます。

FAITHのサンプロテクターエッセンスは
SPF40  PA+++ 吸収剤無配合、ブルーライトカット(スマホはシミの原因です)です
ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、ビタミンC、オウゴン根エキス等美容液の成分も入ってますよ☆さすがですね。

そして私はダブル使いをしていますが、
サンプロをぬったら、次はUBP
これは下地ですが
美肌の邪魔をする3つのBAD!まずはUV(紫外線)、BLUE LIGHT(ブルーライト)、POLLUTION(大気汚染)
この3つをカットしています。ブルーライトカットはUBPの方がサンプロよりも効果が高いですよ☆
生活環境によって変えてもいいでしょう。会社自宅の往復で朝のみ日に当たる方はUBPで。
外にも出る方は両方、レジャーなどは両方+サンプロも持って行ってください。塗り直しましょう。
うちで販売している、なめる日焼け止めも併用をお奨めします☆

これはなめる日焼け止め
去年からすごく人気です☆


過去の記事

全て見る